栄養士 ―人と食を考える仕事―

「食事」は、私たちの生活と密接に関わるもの。ですから、栄養士の資格を生かして活躍できる環境も「学校」「病院」「福祉施設」「社員食堂」など、多種多様です。主な仕事は、必要な栄養、また美味しさなどのバランスを考え、日々のメニューを考えることです。また提案するだけでなく、簡単な調理をしたり盛りつけたり、実際食事を提供する場での仕事が主です。【病院】であれば、健康上の問題を抱えた患者さんに、どのような食事をしたらいいのか栄養指導を行ったりします。【学校】や【保育園・幼稚園】では、それぞれ子供の年齢や成長に応じて必要な栄養を考慮し、メニューを作ります。親御さんとの相談や、アレルギーへの対応、また食材を発注したり「給食便り」を作成したりと、事務作業も仕事に含まれます。保育園や幼稚園に関しては、食事の指導をしたり一緒にお菓子や料理を作ったりと、園によっては子供たちと直接接する機会も多いようです。子供好きで明るく、エネルギッシュで快活な人が向いているかもしれません。食事は、健康な体を形作る大切なベース。それゆえに責任も大きいですが、やりがい、そして喜びも多い仕事です。